タイムレコーダーってどうなの?時間さえ管理できれば仕事は捗るか?

時間を記録して自動的に集計

従業員の労働時間を把握する最も原始的な仕組みは、手書きで記録する方法でしょう。出勤をしたときにその時の時間を自分で記録します。手書きなので当然自分で計算をしなくてはいけません。時間は普通の計算とは少し異なるので、結構手間取ります。タイムレコーダーとタイムカードを使うと、手書きはなくなります。ただ、基本的な機能しかないと、ただ打刻をするだけです。集計は自分で行わないといけませんでした。最近の新しいタイプは、自動集計機能がついています。最終日の打刻を終えると、その月のいろいろな集計をすべて行ってそれを打刻してくれます。これまでは集計部分は手計算と手書きで行わないといけませんでしたが、自動集計自動打刻が可能になりました。

遅刻の状況や残業の状況を把握

タイムレコーダーを使って管理するのは、それぞれの従業員の勤務状況です。何時に出社して何時に退社したかがわかります。外出などがあればその時間も記録する場合があります。労務管理上は、それらの数字さえ分かればよく、事務員などは機械的に遅刻を減じた処理をしたり、残業を加算する処理をします。遅刻や残業は、無駄に多ければ従業員の勤務態度に影響する重要な事項になります。新しいタイプのタイムレコーダーは、勤務状況の記録だけでなく、異常な勤務状況を見つけ出し、アラームなどで教えてくれます。遅刻が多い人や残業が多い人を教えてくれるので、注意をしたり、上司に報告ができます。勤務態度の改善につながり、労働生産性のアップにもつなげられます。